男性

うつ病ってどんな病気?うつ病についてわかりやすく解説

  1. ホーム
  2. うつ病の治療方法

うつ病の治療方法

ドクター

治療を始めることが重要

うつ病の治療には主に3つの治療方法があります。まずは、一人で悩まずに医師の相談を受けることが何よりも大切です。そしてこれらの3つの治療方法を実践しながら焦らずにゆっくり治していきます。

身体も心も休ませること

うつ病の原因はストレスですが、そのストレスは主に忙しすぎる仕事や人間関係、身体の酷使からきます。そのため、うつ病の大きな原因となっていた仕事や人間関係からは一旦離れ、身体も心も十分に休ませることが重要になります。「仕事を休めない」と考える方もいますが、休まなければさらに症状を悪化させ、完治までにさらに時間をかけることになり、本末転倒です。また、医師の診断で「休職が必要」と出ることもあるため、医師からの診察結果が出た時は素直に受け止め、ゆっくりと身体を癒やしてあげましょう。他にも、家事や子どもがプレッシャーとなり、うつ病になる方もいます。その場合は入院することも可能です。入院することで日常の家事や子どもの世話からは一旦離れ、ストレスをかけない生活をすることができます。また、この場合は家族や周りの方々の助けも必要になるため、もしあなたの周りでうつ病が原因で入院する方が出たら十分に理解してあげ、積極的にサポートしてあげましょう。

くすりを処方してもらう

うつ病治療には、「抗うつ薬」という薬を使用します。他の身体的な病気と同じで、うつ病も精神障害ではあるものの、くすりを使用することによって治すことが可能です。抗うつ薬と聞くと不安に感じる方もいますが、医師の判断によって適量のくすりを処方されるので安心して使用することができます。また、抗うつ薬はすぐに効き目があらわれるわけではなく、徐々に徐々にゆっくりと回復していくため、継続的な使用が重要です。

心理的治療で再発予防

精神医学から見たうつ病にかかりやすい人の特徴として、責任感の強い人、真面目な人が挙げられます。そういった方は非常に優秀な方が多いですが、責任感が強すぎたり真面目すぎたりする反面、身体と心にはとても大きな負担がかかるので、うつ病にかかりやすくなります。こういった性格の方は一度うつ病になって治ったとしても、また再発してしまう恐れがあります。しかし、個人の性格や考え方は、専門的な知識を持つ医師とのカウンセリングや話し合いによってある程度変えることができます。これにより、ストレスを感じにくい考え方を学んだりすることができ、再発を防ぐことができます。